スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#佐賀茂電波塔 第9回放送終了

ラジオネーム:#佐賀茂電波塔 第9回
放送日:10/26(日)
放送時間:21:00~22:40
メインDJ:佐賀茂
サブDJ:ゼル幻
ゲストDJ:------

---------

こんばんは、佐賀茂です( 个∀个)
今回もコーナー盛りだくさんでお送りしました佐賀茂電波塔第9回、若干の延長はありましたが、何とか収まったかな? という感じです。

---------

第8回放送で紹介させて頂いたBGMは以下の2曲です。
Alstroemeria Records「Bad Apple!!」
IOSYS「Phantasmagoria Mystical Expectation」


---------

ではでは、ラジオ本番中でご紹介出来なかったFOPのお便りをご紹介~。

一通目、夏桜さんより頂きました。
1,パ「今日は肉詰めピーマンだそうよ」
レ「今日は神社に泊まるわっ!」

2,パ「……優勝商品:博麗霊夢と1日デート券」
レ「こうしちゃいられねぇ!」

3,パ「そこでハヤトが叫ぶ」
レ「まそっぷ!」


二通目、春夏秋冬さんより頂きました。
パ「今日紅魔館の近くの湖で霊夢が水浴びするらしいわよ」
レ「よっしゃ今から覗きに行ってくる!」


三通目、Yankeyさんより頂きました。
パチュリー「地霊殿って何となく紅魔郷に似てるわね」 レミリア「誰だ、今鳥頭って言った奴!?」
レミリア「トマトジュースが大安売りだって!?」 パチュリー「もう閉まってるわよ」
レミリア「走り込みをしてグレイズの練習よ!」 パチュリー「あなたのダッシュはそうじゃないでしょう」


四通目、れんまさんより頂きました。
レミリア「わかった! アイツが犯人よ! 続きやってくるわ!!」
パチェ「……ヤスだと思うけど犯人」


五通目、てぃまさんより頂きました。
パチェ「次回作は人と妖怪がタッグを組むそうよ」
レミィ「ええっ!!? ・・・れーいーむー!!!!」

レミィ「ああああ!!!踏みそこなったあああ!!!」
パチェ「ダンレボに夢中なのはいいけど、パンツ見えてるわよ」


六通目、stanさんより頂きました。
パチュリー「そろそろ、咲夜が帰ってくるわよ」
レミリア「やべっ!押入れにスーファミ隠すの忘れてた!」

パチュリー「4度ぬるい。淹れ直し」
レミリア「はいお嬢様。ってなんでやねーん!」


七通目、黒糸さんより頂きました。
パチェ:今日香霖堂でカリスマの特売があるわよ
レミ:ダッシュで買い占めてくる!

レミ:香霖堂にカリスマ入荷したって!買ってくる!
パチェ:だから(レミィに)カリスマが無いのね。


八通目、十夢さんより頂きました。
パチュリー 「咲夜からファンガイアが出たって連絡があったわよ?」
おぜう様  「うーっ! 今月私のフォーム使いすぎじゃない?!」

お嬢様 「待ってて咲夜! 今行くから!!」
パチェ 「はいカットぉ。108回目にしてようやく成功・・・(ぼそっ)」


九通目、鋼鉄さんより頂きました。
パチュリー「そういえば来週月曜休みね」
レミリア「○ャンプ発売してるじゃない!」


十通目、鉄壁さんより頂きました。
パチュリー「カリスマが欲しいなら、貴方も異変解決すればいいじゃない?」
レミリア「おっけーレミリアにまかせて!」


十一通目、寝不足さんより頂きました。
レミリア「何ですって!?咲夜がフランと一緒にお風呂に入ってる!?今行くわよフラン!!」
パチュリー「ペドしかいないのかしらこの館は。・・・さて私も入ろうかしら」

レミリア「洗濯バサミを乳首に・・・カリスマだだ漏れじゃない!」
パチュリー「レミィ、それ以上いけない」


十二通目、小悪亭斉田さんより頂きました。
レミリア:誰だ今カリスマブレイクとか言った奴は!!待っていろ、躾け直してやる!!
パチュリー:あ、帰りにカレーパンよろしく。


十三通目、なーやさんより頂きました。
パチュ「紅楼夢?来週だけど?」
レミィ「やべぇ!全財産エロ本で使い果たしちゃった!」

レミィ「金貸して!」
パチュ「無理」


以前にも増して沢山のお便りを頂きました。ありがとうございます!

---------

続きまして、幻想季諷詠のコーナーに頂いたお便りのご紹介。

一通目、夏桜さんより頂きました。
1,妹に 知名度で負け 胸で負け 果ては花より 団子と言われ

2,神なのに 芋を奪られて ボコられる

3,誰だっけ? 原作居たっけ? オリキャラか 無名ネタだけ やけに有名


二通目、春夏秋冬さんより頂きました。
秋空に 穀物神の 脱穀機 乙女の心 神のみぞ知る
誰だっけ? 姉妹は泣いた 芋嵐
しかられて 山に捨てられた 幼子に 芋をふるまう 妖怪の山


三通目、里浜九十九さんより頂きました。大量!
秋の森 静かに揺れる 葉とともに 仄かに漂う 焼き芋の香
あきのもり しずかにゆれる はとともに ほのかにただよう やきいものかおり
・静葉と、焼き芋。

寂しさを 豊かな笑みに 稔らせて 二人で過ごした 秋は過ぎ行く
さびしさを ゆたかなえみに みのらせて ふたりですごした あきはすぎゆく
・寂しさ 豊穣 稔り 終焉(過ぎる)

人恋し 神は寂しさ 終焉らせて 笑顔豊かに 稔らせ踊る
ひとこいし かみはさみしさ おわらせて えがおゆたかに みのらせおどる
・人恋し神様 寂しさと終焉の象徴 豊穣と稔りの象徴

天仰ぎ 霧の向こうに 幸せを ずっとみていた 肌寒の森
あまあおぎ きりのむこうに しあわせを ずっとみていた はださむのもり
・あ き し ず は

色深く 波打つ紅葉 ばかりなり 天を仰げば 十六夜の月
いろふかく なみうつもみじ ばかりなり てんをあおげば いざよいのつき
・紅葉を司る程度の能力。 い な ば て い

行く秋に 夢を語りし この森に 寂しさ覚え 待つは妹
ゆくあきに ゆめをかたりし このもりに さみしさおぼえ まつはいもうと
・寂しさ 妹を待つ姉。 ゆ ゆ こ さ ま

揺れる葉と 穣りに感じる 秋の声
ゆれるはと みのりにかんじる あきのこえ
・秋姉妹二人。季語は「秋の声」
 風に揺られる葉や、作物の穣りが、敏感に感じ取れる。そんな風景

紅葉に 寂しさ覚える 秋の山
こうように さみしさおぼえる あきのやま


四通目、れんまさんより頂きました。
『穣りの実 葉は黄と子母 静と図し
檸檬幹漏れ 梶の葉の時か     

みのりのみ ははことこはは しずとずし
れもんかんもれ かじのはのじか     』


五通目、鋼鉄さんより頂きました。
秋姉妹 星祭にて 思いしは 紅葉舞い散る 豊作の秋

六通目、寝不足さんより頂きました。
馬鹿言うな 静葉もみもみ 健全だろ 

妬ましい 大とか小とか 春ですよー 忌々しいのは ウサギと白狼

秋の空 君らに出会う 瞬間に まず感じたの いい匂いだと


七通目、小悪亭斉田さんより頂きました。
神奈子より 早苗よりも 秋姉妹 脇役専に 一面は難しきかな

八通目、小次郎さんより頂きました。
秋、賞味 秋、読みふけり 秋、競う
 秋、静かな美と 秋、穣りに謝(しゃ)す


九通目、Yankeyさんより頂きました。
紅葉も なくなく暮れる 秋しまい
(紅葉も無くなって暮れる秋も終わり、来たる冬を想い涙に明け暮れる秋姉妹)
紅葉(もみじ)燃し 芋焼き越ゆる 冬景色
秋くれた 穣り祝えよ 子も親も 静寂(しじま)に眠る 葉椀(くぼて)に捧げ
秋深く 紅葉(もみじ)わたれる 静き山 九天の滝も 葉にて燃ゆらむ
秋の空 移ろい易く 穣りとて この神次第 子の風吹くな


十通目、鉄壁さんより頂きました。またしても大量!
煌々と 秋の夕暮れ  稲穂染め 姉は天然 芋はツンギレ
(こうこうと あきのゆうぐれ いなほそめ あねはてんねん いもはつんぎれ)

秋紅し 姉妹のどけし 紅葉狩り 槍の穂先に 滲む秋雲
(あきあかし しまいのどけし もみじがり やりのほさきに にじむあきぐも)

紅葉の 理屈わからぬ アホの子に 狂う落葉 静けさ何処
(こうようの りくつわからぬ あほのこに くるうらくよう しずけさいずこ)

紅葉を 集めて温し 旅人を 黙し見守る 神ぞ知られじ
(こうようを あつめてぬくし たびびとを もくしみまもる かみぞしられじ)

肌寒し 冬が近しと 嘆く子を 暖め包む 紅葉静かに
(はだざむし ふゆがちかしと なげくこを あたためつつむ もみじしずかに)

抱きしめて 落ち葉焚きだよ 告ぐ姉に 暖かいよと そっと甘える
(だきしめて おちばたきだよ つぐあねに あたたかいよと そっとあまえる)

芋の香 振り向き見ゆる 紅葉神 抱いて移りし 朱染めつ教え
(いものこう ふりむきみゆる もみじがみ だいてうつりし しゅそめつおしえ)

山向こう 妖怪たちの 山葡萄 求め奏でる 宵のこうろぎ

秋の草 恋しき神が 告げる声 音が出ずとも 赤く応えん
 ・さ が え も ん

トラクター ガッコンガッコン 秋姉妹

通さじと 芋の香りの 鳳仙花

ヒラヒラと 秋風束ねつ 静葉舞う

台風に 狂いの落ち葉 眉顰む

でんぷんよ 美味しく成れと 契る芋
 ・で お ち


いやはや、前回に引き続いて今回もレベルが高い!
選考作業は大変難航しました。まさにDJ殺し・・・・・・!
毎回嬉しい悲鳴が飛び交っております、幻想季諷詠。これからもドシドシお便りよろしくお願いします。


---------

それではまた、次回の放送でお会いいたしましょう。
See You Next Time!!
スポンサーサイト

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

佐賀茂

Author:佐賀茂
694番目の幻想入り作者として細々と活動中。
創作活動の傍ら、ネットラジオ#佐賀茂電波塔のメインDJを務める。
本業?は音楽製作のハズなのだが、ノベルで幻想入りしたり、絵を描いたり、ラジオのDJをやったりと最近は多方面に手を伸ばしすぎてしまい、己を見失いつつある。
CASTERマイルドを愛煙。
ふとまゆ。

最新トラックバック

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。