スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#佐賀茂電波塔 第14回放送終了

ラジオネーム:#佐賀茂電波塔 第13回
放送日:12/14(日)
放送時間:21:00~22:40
メインDJ:佐賀茂
サブDJ:ゼル幻
ゲストDJ:------

---------

こんばんは、佐賀茂です( 个∀个)
うーん、何とか時間内にまとめようと思っても、ちょっぴりだけですがオーバーしてしまうことが日常になりつつあります。
まあ個人ラジオだし10分くらいはいいかなとは思いますが、どうもスッキリしませんね(´・ω・)

---------

第14回放送で紹介させて頂いたBGMは以下の2曲です。
Å「銀河の魚に乗って」
大嶋啓之「風と草原の彩り」


---------

それでは、前回の放送で紹介できなかったお便りをば~。

まずはFOPのコーナーから。

一通目、十夢さんより頂きました。
チルノ  「大ちゃんが欲しければ私を倒してからにしてもらおう!」
大妖精 「できない約束はしないのっ!」


二通目、黒糸さんより頂きました。
⑨「大ちゃんはあたいの嫁!」
大「どうも、ちるのちゃんの嫁です」

⑨「そこでキック!あ~もう!何で蹴らないのよ!」
大「ボクシングでキックはないから」

⑨「クリスマスぐらい恋人とデートして来い」
大「そんな人いるわけ無いじゃない」

⑨「レティ?だれそれ」
大「ほら、ふとましい妖怪」

⑨「ちょっと!いい加減にNormalぐらい挑戦しなさいよ!」
大「体験版Easyもクリアーできない人にそんなこといっちゃ可哀想だよ」

⑨「『夏草や 岩に染み入る 法隆寺』これで今週のMVSはいただきね!」
大「それ、コーナー違うから」

⑨「問題!108×6÷9÷8!あたいは?」
大「⑨(バカ)」


三通目、春夏秋冬さんより頂きました。
チルノ「夏桜がMVPかよ」
大「チルノちゃんに未来予知はできないでしょ・・・」


チルノ「大ちゃん誰に断って半霊なんか飼ってるの!?」
大「个∀个」


チルノ「なんでダイワハンスなんだ!!」
大「なんでっていわれてもねぇ・・・」


チルノ「Easyでぴちゅる奴ら!!馬鹿って言える立場か!!」
大「まぁ確かに・・」


妹様より

チルノ「見てよ大ちゃん!!あれ絶対わたしのパクリだよ!!」
大「いや、あれはマルキュウじゃなくてマルキョウ」

チルノ「テンションがサガりすぎて逆にむかついてきた」
大「なぜに?」


四通目、Yankeyさんより頂きました。
チルノ「別にまんじゅうなんて怖くないわよ!!」
大妖精「私は一杯、お茶が怖い」

大妖精「9」
チルノ「バカって言うなぁ!!」


五通目、夏桜さんより頂きました。
1,チ「見てなさい! 絶対広辞苑にいってやるんだから!」
大「チルノちゃん、『こうじえん』じゃなくて『こうしえん』だよ!」

2,チ「あたいが最強に決まってるじゃない!」
大「あはは、チルノちゃんが急にごめんなさい。 ……最強は私に決まってるじゃない(ボソッ
)」

3,チ「イケメン死ね!」
大「ストレート過ぎるよ…」

4,チ「野球! よくもあたいをハングドマンにしたな!」
大「両右手の人はJガイルだよ」


六通目、チャッピーさんより頂きました。
チルノ「マルキューって109のことなのよ!」
大ちゃん「109って何?」
初めて聞いた時、素で109のことだと思った。

チルノ「おバカキャラの方が人気者になれる、ってけーねが言ってた」
大ちゃん「だから⑨(バカ)になったの?」
バカな子ほどカワイイ、ってけーねが言ってた。

チルノ「あたいってば最⑨(さいきゅう)ねっ!」
大ちゃん「間違ってるけど間違ってない…」
最強と言いたかったチルノ。しかし、間違ってはいない。


七通目、てぃまさんより頂きました。
⑨「ポテトはいかがですか!!」
大「……すいません、新人なんで……」

⑨「ブログ更新最近遅いよ!!」
大「風邪くらい大目に見ようよ……」

⑨「イケメン氏ね!!」
大「黙れチート」

⑨「やられても即復活!よくもやったな!」
大「チルノちゃん、手、逆……」 


八通目、ココノさんより頂きました。
ちるの「3.141592659589!」
大ちゃん「小数第⑨位間違ってるよ・・・」


大ちゃん「そろそろバカのふりするのやめたら?」
ちるの「あたしはこのキャラで売ってるのよ!」


ちるの「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」
大ちゃん「元ネタがらき☆すただと思ってる人はシャッフルをプレイしましょう」


大ちゃん「今度の冬コミ、上海アリス幻樂団 出ないんだって」
ちるの「な、なんだってー!!ΩΩΩ」


九通目、れんまさんより頂きました。
チルノ「アタイはもう死んでいる!」
大妖精「お、お前だよっ」


十通目、里浜九十九さんより頂きました。
チルノ「異議有り!」
大妖精「待った」


十一通目、鉄壁さんより頂きました。
チルノ「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。悪を倒せと俺を呼ぶ。良く聞け悪人ども、あたいは正義の戦士!チルノ!!
大妖精「長いよ」

チルノ「わかった!あたいがあまりにも天才だから、嫉妬してるんでしょ?」
大妖精「チルノちゃん、それはないよ」

大妖精「ご存知ないのですか?彼女こそ、2ボスからスターの座を駆け上がっている超妖精シンデレラ、チルノちゃんです」
チルノ「お前達に名乗る名前はない!!」


---------

では続いて、幻想季諷詠のお便り。

一通目、黒糸さんより頂きました。
一年の 終わりを告げる 除夜の鐘 煩悩尽きず 宴も尽きず

そばに寄り 耳を澄ませば 鐘の音 人妖混じりて 送る年の瀬

年の瀬も 働く少女に 贈り物 師の傍らに 赤い衣装


二通目、春夏秋冬さんより頂きました。
紅白歌合戦:霊夢他
いざ歌え 年末年始の 歌合戦 紅白分かれ 競え歌声

大掃除:てゐ・毛玉
お掃除に 毛玉モップは いかがです 今なら一万 お安くするウサ

忘年会:萃香
境内に 萃まる人妖 顔そろえ 始まる宴は 日常不変

御用納め・忘年会:映姫・小町
年末は 御用納めで 忘年会 四季の終りに 説教始まる

ホワイトクリスマス:レティ
白銀の 夜霧彩る 弾幕美 弾撃つる求(かげ) 湖(こ)に映る雪 

妹様より

大晦日 博麗神社に 人は無し どうせ明日も 変わらぬ神社


三通目、夏桜さんより頂きました。
1,寝正月 迎える為に 夜なべする
・季語は正月ではなく夜なべです(寝正月という単語のため)

2,身を寄せて 共に迎える 睦び月

3,イケメンは 氷柱に当たり 死ねばいい

4,試験終え 容赦をせずに 憂き世来る。 学業終えて 追試は嫌だ
・頭だけを読むと「正月」

5,年の瀬は 寒に染みいる 師も走る 


四通目、れんまさんより頂きました。
いちとせの 埃をみそぐ 白い狼
(いちとせの ほこりをみそぐ しろいおおかみ)

地のそこで 起きた異変を 懐かしむ 次の異変は 何時か何処かと
(ちのそこで おきたいへんを なつかしむ つぎのいへんは いつかどこかと)


五通目、チャッピーさんより頂きました。

現にて 姿を消した クリスマス 幻想郷では ただの宴会
クリスマスが幻想入り。

山眠る スキマ妖怪 冬眠中
紫には年の瀬も関係ないのだろうか?

月冴ゆる 今宵創るは 良き歴史 新たな年を 迎えるために
年末の慧音は忙しそうだなぁ。

厄神を 労うような 雪景色
一年中厄を集めるって大変だろうなぁ。


六通目、てぃまさんより頂きました。
「ちょっと待て!私は丑じゃ ないってば(泣)」
          ―上白沢慧音―
 今年は年賀状にきもけーねが溢れる予感。


七色の 星と人形 溢れ出す
少女が紡ぐ 聖夜のキセキ

 ※現代で中止になったクリスマスは幻想入りしたようです。
   魔理沙とアリスが送る、ファンタジック弾幕クリスマスナイト!!


新春の 宴の為に 新曲を
鼓(つつみ)・篠笛(しのぶえ)・琴に持ち替え


七通目、ココノさんより頂きました。
1.鐘を聞き 師匠と食べる 晦日蕎麦

2.年越して 入ると良いな お賽銭


八通目、里浜九十九さんより頂きました。
この地にも 響き渡るは 除夜の鐘
このちにも ひびきわたるは じょやのかね

氷湖にて 無邪気に遊ぶ 紅の主
ひょうこにて むじゃきにあそぶ あかのぬし

酒を呑み 蕎麦を啜りて 明けを待つ 過ぎ行く年に 宴は酣
さけをのみ そばをすすりて あけをまつ すぎゆくとしに うたげはたけなわ


九通目、鉄壁さんより頂きました。
いつもとは 異なるうどん おおみそか
 ※大晦日……安西先生……味噌煮込みうどんが……食べたいです……

サンタなど いるわけないだろ 幻想郷 見上げた空の 紅い彗星

赤帽子 違う赤角 やってきた 立派な角の 赤鼻連れて

年の瀬に 遠くに響く 鐘の音 音源いずこぞ 紅の屋敷か


十通目、ノリーさんより頂きました。
竹林に 師走の風が 吹き抜ける 笑顔で歩くは 妹紅と慧音

十一通目、Yankeyさんより頂きました。
この月は 満ちても欠けても 餅を搗く

クリスマス 閻魔の下で 祝えない

八坂神 今年最後の しめ飾る

薬師も 因幡も走る 年の暮れ つれなく果たす 姫のだんどり


---------

いやはや、今回も相変わらず沢山のお便り、ありがとうございます!
恐らく今年の放送はこの14回で最後となってしまいます、そして来年いつから開始かもまだはっきりとは分かりません。
そんなアヤフヤなラジオではありますが、どうか忘れず、来年もまたお付き合い頂けたらと思います。

それではまた、来年の放送でお会いいたしましょう。
See You Next Time!!
スポンサーサイト

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

佐賀茂

Author:佐賀茂
694番目の幻想入り作者として細々と活動中。
創作活動の傍ら、ネットラジオ#佐賀茂電波塔のメインDJを務める。
本業?は音楽製作のハズなのだが、ノベルで幻想入りしたり、絵を描いたり、ラジオのDJをやったりと最近は多方面に手を伸ばしすぎてしまい、己を見失いつつある。
CASTERマイルドを愛煙。
ふとまゆ。

最新トラックバック

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。